アラサーパパの奮闘記

その他

こんにちわ、アイランドです

今回は、アラサーパパとしての情報を発信していこうかと思います

スポンサーリンク

家族形態

現在の家族形態は、

パパ(自分)、ママ、三歳児の女の子の三人です。

どちらの祖父母も片道2時間かかるので、

子育ては、二人で頑張ってます

東京みたいな都会の核家族はこれが当たり前なのかな?

娘っていうのもあれなので、

ブログ上は「アイランドガール」と呼びましょう

ちなみにアイランドガールは、お世辞抜きでもかわいいです(親バカ)

スポンサーリンク

便利な〇〇

さて、アイランドガールは三歳で、

しっかりおしゃべりができて、会話もちゃんとできます

しかし、アイランドガールの体には

「都合の良い耳」を装着してます

自分の興味のないことに関しては完全無視!

興味のあるもの(アンパンマンやお菓子名)に対しては

すぐに体が反応、首をこちらに向けます

うらやましいですね

こんなことを大人の世界でやると

「無視すんなよ」と嫌われるなのに…

アイランドガールなら許してあげましょう(笑)

食事よりも〇〇

三歳児になるとほぼ大人と同じものを食べれます

しかし、食事の準備ができても椅子に座ろうとはしません

食事よりも遊びが大好きなんですね

私がご飯を食べようとしても遊び相手として連れて行かされます

そうなったらいつまで経っても食事が終わらないので、

スマホで、アニメを見せながら食事させます

いいかどうかはわかりません(汗)

しかし、時間は無限にあるわけではないので、

背に腹は代えられずやってます

基本的には白飯はほぼ完食できますが

おかずはほぼ残します

アイランドガールから「お腹いっぱい、ごちそうさまでした」

といえば、食事は終わりです。

無理に粘っても食べないものは食べません

そして、私自身遊びに連れて行かされます

そうです、子育て中はゆっくり食事ができません

これから子供をつくる方は覚悟してくださいね(笑)

意外と何でもできる

見た目は、三歳児は子供ですが

食事、トイレ、着替えと

基本的に衣食住全般何でもできるようになります

おむつが外れて、トイレでう○こするとき、

小さな穴から大人顔負けのでかさを出すときは驚きです(笑)

ただ、手がかからなくなるかというと

そんなことはありません

生まれてからこの年になるまで、

楽になったことはありません

楽しいことと大変なことは半々ですかね

それでももう一人は子供はほしいですかね

まとめ

今思っている子育ての話をしてみました

今大事にしてるのは、

基本的にほったらかして

助けを求めているとき、甘えてるときに

手を貸してあげることにしてます

後は自制心をどうやって持たせるかが悩みです

ということで、今回は終わりにしたいと思います。

子育ては楽しいけど大変なんやで~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました