ベンチプレス75kgで停滞した自分が100kg挙げれるようなったトレーニングとは!?

筋トレ/ダイエット

こんにちわ、アイランドふみです

今回は、トレーニングしている人にはベンチプレスの100kgは

一つの大台だと思います

そこで、ベンチプレス75kgだった自分が、

100kgまで挙げれるようになったトレーニングについて

話していこうと思います

スポンサーリンク

トレーニング始めてからベンチプレス75kgまで

まず、高校生の部活のトレーニングで、80kgまで挙げれてました

そして、社会人になってから、トレーニングを再開して、

久しぶりのベンチプレスがMAX70kgまで下がっていまして、

一か月後には、MAX75kgまで上がりました

当時は、胸のトレーニングがベンチプレスのみで、

アップからMAXの80%の重量まで徐々に重量を上げて、

MAXの80%を8回~10回を行うようにしていました

この重量が8~10回をギリギリできる重量のイメージです

これを一年間やってきましたが、

結局、77,8kgまでしか重量は変わりませんでした

スポンサーリンク

100kgに挙げるようになったトレーニング①ダンベルベンチプレス

トレーニング開始から一年後に

がむしゃらにトレーニングしてたのですが、

ボディメイクをメインに考え始めて、

普通のベンチプレスよりダンベルの方が胸に刺激が入るということで、

ダンベルで行うようになりました。

ダンベルの方が可動域が広がり、

胸の筋肉にストレッチがかなり入ります

ただ、あまりストレッチを効かせすぎると

ケガするのと、三角筋上部に入るので、

胸の筋肉がストレッチされていることを感じれる程度で大丈夫です

100kgに挙げるようになったトレーニング②ダンベルインクラインベンチプレス

これは、ベンチ台をフラットな状態から30℃程度に傾けて

リクライニングな状態でダンベルベンチプレスをやるトレーニングです

これは、胸の筋肉の上部を鍛える種目となっています

胸は、上部・中部・下部と分けられ

日本人は、上部が弱いと言われ、

自分も上部が弱かったので、

ボディメイクを目的として取り入れました

100kgに挙げるようになったトレーニング③ディップス

これは、上腕三頭筋を鍛える種目として

取り入れました

ベンチプレスで使う筋肉で、上腕三頭筋が必要です

ディップスは、ディップス台というところで、

平行棒を両手で握り、身体を宙に浮かせ、

肘を90℃までまげてから、腕を伸ばすというトレーニングです

ディップス台がなければ、椅子などでも応用できます

後、ディップスは大胸筋下部を鍛えるトレーニングでもあります

100kgに挙げるようになったトレーニング④ダンベルプルオーバー

これも上腕三頭筋を狙ったトレーニングです

両手にダンベルを持ち、フラットのベンチ台に仰向けになり、

頭上に方に肘を延ばした、万歳した状態になります

そこから顔の真上に肘を延ばした状態で、ダンベルを持ってきて一回になります

上腕三頭筋のトレーニングは肘を痛めやすいのですが

このトレーニングならそれを予防してくれます

トレーニング変更後

実は、トレーニング開始時は

上腕三頭筋のトレーニングは全く行っていなくて

ダンベルのベンチプレスも100kg挙げたくて行ったわけではありません

トレーニングを変更して一年後くらいに久しぶりに

ベンチプレスを行ったら、100kg挙げれるようになっていました

個人的には、上腕三頭筋のトレーニングを加えたのが大きいと思います

ディップスはベンチプレスの重量を上げるのに効果的らしいです

まとめ

さて、いかがでしたか?

ボディメイクを目的としたトレーニングで、

ベンチプレス100kg挙げれるようになったのは

素直にうれしいです

トレーニーで、ベンチプレス100kgは一つの目標かもしれません

ということで、今回は終わりたいと思います

お疲れさまでした~

コメント

タイトルとURLをコピーしました