厳選!ギターマニアが選ぶB’zのバラード曲3選

趣味(ギター)

こんにちわ、アイランドふみです

今回はギターを弾く自分が選ぶ、

B’zのバラード曲3選について紹介したい

と思います!

主には自分好みのギターテクニックや

キダーソロについて話します

スポンサーリンク

夢見が丘

まず1曲目は夢見が丘です

この曲は、イントロからAメロまで、

アルペジオが続くのですが、

アルペジオなのに迫力と壮大さを感じさせます

Bメロに関してはキレのあるカッティングが続いていき、

サビに入っていきます

特別、難しいカッティングではないのですが、

シンプルな分、ノリを作っていきます

サビの部分については、

特に言うことはないんですが単純に好きです(笑)

サビについて、松本さん特有のレガート

の早弾きで始まるんですが、

この当時としては珍しく

単音フルピッキングの早弾きがあります

この単音フルピッキングは後半に、

ピッキングハーモニクスを入れて

ニュアンスを変えるんですよね

松本節が効いて、僕からしてみたらたまりません

最後のサビ始めはピアノとストリングスのみからの

全楽器がテンポを合わせて入ってくる

お得意の盛り上げ方で最後を迎えます

CDではアウトロのギターソロは最後まで

聞けないんですがライブ映像では、

しっかり弾いてますので必聴です

スポンサーリンク

ONE

次に紹介するのは、ONEです

この曲はコナンの映画の主題歌にもなりました

この曲もAメロはアルペジオですが、

クランチが効いたクリーンの音ですが

ギターがボーカルを邪魔せず、サポートします

Bメロからサビについては特にはないです

ギターソロは、強烈なチョーキングから始まり、

得意のレガートが続きます

途中にこのギターソロの特徴とも言える

スライドしながら連続チョーキングがあり、

印象的なメロディは耳に残ります

最後のアウトロはアルペジオ部分と同じ

クランチが少し聞いたクリーンで

泣きのメロディが心に刺さります

この頃に松本さんのシグネチャーモデルが

発表され、恐らく使用されている感じがします

月光

最後に紹介するのは月光です

この曲のおすすめはやはりギターソロになります

突然のレガートから始まり、中盤にチョーキングと

ボックス奏法が散らべられ、

後半にはお得意のチョーキングからの

タッピングの3連チャンと松本節が入ってます

アウトロのギターソロは曲の終わりに向けて

メロディアスな感じで弾いていますが、

情景が浮かぶようなソロを弾いてきます

間奏のソロとアウトロのソロの味が違い、

一度に二度おいしい曲となっています

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

結局、普通のB’z好きもギター好きも

同じ結果になったような気がしますが

見る視点がかなり変わってくると思います

松本さんのギターソロはテクニックはもちもんですが

起承転結がしっかりされており

特徴的なメロディを少し入れることで

耳に残りやすくなっています

本当はもっとあるのですが、

紹介しきれないので、

今回はここで終わりたいと思います

お疲れ様でした~

コメント

タイトルとURLをコピーしました