子どもの指しゃぶりを自主的に止めさせる絵本「ゆびだこ」

その他

こんにちわ、アイランドふみです

今回は、子どもによってはずっとしてしまう

指しゃぶりを自主的に止めさせる絵本を

「ゆびだこ」を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

指しゃぶりを辞めさせないと…

指しゃぶりを止めさせないと「出っ歯」になる可能性があります

一歳から上あごが発達し、歯が揃い始めるので、

三歳までには指しゃぶりを止めさせたいです

スポンサーリンク

自主的に辞めさせる意味

自主的に止めさるというのはなぜかと言いますと

この時期の子どもは、こちらから強制的に辞めさせようとすると

反感を持ち、逆にやめようとしません

例えを言えば、おもちゃを買って欲しいのにただこねて、

買ってあげなかったら、収拾がつかない状態になるやつです

できることなら、自主的に止めさせたいですね

自主的に辞めさせる方法「ゆびだこ」という絵本

ここで、紹介したいのが「ゆびだこ」という絵本です

この絵本は、指しゃぶりを止めさせるために書かれたもので、

内容は、指しゃぶりしている女の子の指にタコができ、

その指タコがしゃべってくるという内容になっています。

その指タコがしゃべられるのが嫌で、女の子は指しゃぶりを

止めていくという物語となっています

三歳くらいになると絵本の内容がしっかりわかってきますので、

この女の子の気持ちと共感して指しゃぶりを止めるという作りなっています

絵本の効果

ここからは実体験なんですが、

自分の娘は、不安になった時や眠たくなった時に指しゃぶりをし始めます

特に心が安定しない時に指しゃぶりをするので、

最初の頃は、指しゃぶりを容認してたんですが、

やはり、可愛い顔に出っ歯は可哀想なんで、

三歳半くらいから指しゃぶりを止めさせることにしました

妻がこの絵本の情報を聞きつけ、書店で買って早速読んでみました

すると、指しゃぶりをし始めて、「ゆびだこ」の話をすると、

勝手に指しゃぶりを辞めてくれました

寝る前の「指しゃぶり」を止めさせるためにも「ゆびだこ」の話をして

指しゃぶりを止めさせることにも成功しました

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回の「ゆびだこ」の絵本で指しゃぶりを止めさせる方法なら、

指に何かつけて止めさせることに比べて

嫌な気持ちにさせることにはならないんではないでしょうか?

ただ、この方法は絵本の内容がわかるまで使えないという欠点もあります

二歳以降なら使える可能性があります

さて今回は、ここで終わりたいと思います

お疲れ様でした〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました