鶏むね肉の一番おいしくできる低温調理器

筋トレ/ダイエット

こんにちわ、アイランドふみです

今回は、パサパサの鶏むね肉をおいしく食べれる低温調理器について話します

スポンサーリンク

低温調理器とは

低温調理器とは名前の通り、

食材を低温で、じっくり温めて調理する調理器です

何がいいかと言いますと

特に肉は、焼くとタンパク質が収縮せず、水分も抜けないため、

旨味が凝縮して食べれる魔法の調理器です。

焼く・茹でる・蒸すに次ぐ、「第四の調理」と言われています

スポンサーリンク

低温調理器のメリット①肉が柔らかい

これが最大のメリットと言えるのですが、

特に鶏むね肉がパサつかず柔らかく食べれます

これも上記で話した通り、

タンパク質が収縮せず、水分が抜けないためです

これが焼いたり、茹でたりすると熱が入り過ぎて

むね肉がパサつきおいしく感じられなくなります

低温調理器のメリット②本来の旨味が凝縮

次に本来の食材の旨味を感じられるようになります

これは、共通して水分が抜けないことがあります

コンビニのサラダチキンと食べ比べると

明らかに旨さが違います

コンビニのサラダチキンは、

成型されている感じがもろに感じます

低温調理器のメリット③調理は基本放置

調理自体は、低温調理器で設定した温度まで水を温め、

袋の中に食材を入れ、お湯の中に入れれば放置で大丈夫です

基本の調理はこれくらいで、

こだわりがある方は、袋の入れる前に

食材に下味を付けたりします

私は、基本的に塩しかつけません

低温調理器のメリット④洗い物が少ない

意外なメリットなのは、洗い物が少なくなります

フライパンや鍋を使うと当然洗わないといけませんが、

低温調理器自体は、水を暖めているだけで

食材は、袋に入れて温めるので、直接汚れません

気になる方は、洗うかもしれませんが、

私は乾かすことしかしません

汚れてないので、大丈夫だと思います

低温調理器のデメリット①調理時間が長い

デメリットとして、調理時間が長いことがあります

最低でも一時間くらいは放置しないといけません

直ぐに調理して食べたい方にはおすすめしません

低温調理器のデメリット②レシピが少ない

低温調理自体、まだメジャーな調理方法ではないので、

レシピが少ないです

低温調理した食材に下味をつけるか、

調理中にソースを作り、それで食すくらいです

それだけでも個人的には満足してます

まとめ

いかがだったでしょうか

個人的にはおすすめの調理器具です

低温調理器のおすすめのリンクを貼っておきますので

ぜひ、ご覧ください

では、お疲れさまでした~


ボニークがかなりおすすめです


自分が使ってます。値引き額が大きくて買いました

問題なく使えています

コメント

タイトルとURLをコピーしました