間違いない!!山口県のド定番スポット角島観光の制し方!!

その他

こんにちわ、アイランドふみです!

今回は山口県にあるド定番観光スポット「角島(つのしま)」の

観光方法のポイントについて紹介したいと思います

これを読んだら角島観光に苦い思い出を作ることはないでしょう

なぜ、これ程までに自信があるかといいますと、

元島民だからです!!

元島民ならではの視点で紹介したいと思います

スポンサーリンク

角島とは

まず、角島とは本州のほぼ最北西端にある島であり、

1番の特徴は2000年に開通した当時、

無料で渡れる長い橋(1780mで現在2位)

角島大橋がエメナルドグリーンの海と映えるとして

山口県の定番ドライブスポットとなってます

また、海の透明度は沖縄並とも言われ、

海水浴客で浜辺一帯が埋め尽くされます

砂浜は白地となっており、

これは大量貝殻が風化したものがベースとなって形成しています

観光以外にもドラマや車のCMのロケ地で使用されま、

ドラマでは、木村拓哉主演の「HERO」のロケ地で使用され、

特別版として、綾瀬はるかや堤真一が出演しています

当時、HEROのロケ現場を見に行ったことが良い思い出です

最近のCMでは、菅田将暉がドライブ姿で出演する

トヨタ・カローラのロケ地に使用されています

角島の美しさについては、

死ぬまで行きたい!世界の絶景」(2013年)という本に紹介されたり、

Fasebookページで56万人のファンがいいね!したランキング」3位

なったりと、各方面から絶景について認められています

【4Kドローンで空撮】山口県下関市 角島大橋
スポンサーリンク

角島観光のポイントは渋滞との勝負

角島は本当に小さい島です

小さいがために大量の観光客がやってきたら

島中の道路は埋め尽くされることとなります

この渋滞に巻き込まれたら楽しかった角島観光も

つらい思い出になるでしょう

どのくらいの渋滞かといいますと

帰りに観光で使用するメイン道路が全て埋め尽くされます

角島内には抜け道はないことはないですが、

軽トラが通れるギリギリの狭さなので、

この狭い道路に挑戦して、JAFのお世話になった話も聞きます

もし、角島内を通り抜けても結局橋の上の渋滞はどうにもならないので、

待つしかありません

また、角島から抜けても本土の信号による渋滞が続き、

渋滞の距離は約10kmくらいになるでしょう

渋滞を抜ける時間は最大2時間くらいになると思います

では、このツラい渋滞を避けるにはどうしたらいいでしょうか?

繁忙期を外す

まずはGWと海水浴シーズンの7・8月の土日混む可能性大です

この時期は、連休があることと海で遊べる時期が重なるので、

観光客と海水浴客が多くなります

なるべくこの時期を外せば、帰りに渋滞に巻き込まれることはないでしょう

時間帯を外す

そうはいっても仕事等の関係上、

どうしてもその日しか行けないことがありますよね

そういう時は、渋滞に掛からない時間帯を外しましょう

島民の方は外に出る用事があれば、午前中には島外を出発します

となれば、午前中に観光して島を出るのが最適でしょう

後は、渋滞を解消する時間帯まで待つのも手です

19時~20時くらいになればおおよその渋滞も和らぐでしょう

角島の日本海側は水平線が見れますので、夕日を眺めたり、

暗くなれば都会から離れてるので満点の星空を満喫できます

もし、渋滞に巻き込まれたら…

それでも、渋滞に巻き込まれたら、

残念ながら、角島大橋までは待つしかありません

角島大橋通り越したら、その先の渋滞を

避けることができます

どこで渋滞が発生してるかといいますと、

地図上の赤く表示しているところに信号があり、

そこで渋滞が起きてます

なので、このルートを避ければ、

渋滞に巻き込まれることはないでしょう

ということで、おすすめの渋滞回避ルートはこちらです

これは下関バージョンですが、

このルートなら渋滞原因になる信号を回避することができます

通常このルートを使えば下関側なら10分くらい遅くなりますが、

渋滞に巻き込まれるより全然マシでしょう

山口市・美祢IC方面はほぼロスなしです

島から出た地域である島戸付近では、

渋滞回避用の道路が整備されているので、期待しましょう

現状でも道路自体は問題なく安心して通れます

このルートの検索の仕方は、

グーグルマップ上で,

・角島→角島ジェラート→滝部駅→下関方面の目的地

・角島→角島ジェラート→阿川郵便局→山口市・美祢IC方面の目的地

のように経由地を追加すれば大丈夫です

島民ならではのおすすめ観光①グランビスタ角島からの夕日鑑賞

島民ならではということで、観光のおすすめの一つとして

グランビスタ角島からの夕日鑑賞です

グランビスタからは、防波堤の付近に夕日がみれるのですが

その防波堤が「HERO」のロケ地のメインとなっていました

夕日の眺めも水平線が広がっているので、

雲がなければ、キレイに夕日が海に沈むところが見れます

グランビスタは、夕日が落ちるまで営業なので、

飲食しながら夕日を眺めることができます

自分の実家もこの付近なので、よく夕日を眺めて黄昏を感じてました

グランビスタ角島 ▲GranVista Tsunoshima▲ プロモーションムービー①

島民ならではのおすすめ観光②夜の灯台

さて、大体の方は角島観光は昼に想定していると思いますが

個人的に一番のおすすめは、「夜の灯台」です

地上30m高さがあり、御影石造りの洋式灯台で

その風貌は、ひいき目なしで日本で一番美しいと思います

それでは、この夜の灯台がなぜオススメなのかといいますと

この灯台は明治9年に点灯開始して、未だに現役だからです

ということは、夜に点灯してるんです!!それがまた美しい…

恐らく灯台が点灯しているところを見た人は

あまりいないではないでしょうか?

この夜の灯台を点灯してる姿は絶景間違いないです

注意点としては、

この時間帯になると周辺に食事するところがないので空腹が心配なら、

周辺のお店でテイクアウトなどの食事を準備する必要があります

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

天気と渋滞さえ合わなければ、

最高の角島観光になること間違えありません!!

一つお願いがあれば、角島は自然に恵まれた島なので

自然が侵されれば、良いところがありません

ぜひ、ゴミを置いて帰るようなことがないようにお願いします

正直言いますと橋が架かるまでの角島は、

今より100倍キレイでした

すでに角島は汚されていると言っても過言ではありません

角島の自然を保っていけるように

楽しく角島観光してくだい

それでは終わります、お疲れさまでした~

コメント

タイトルとURLをコピーしました