自宅のトレ必須!!おすすめ可変式ダンベル紹介!!これで重さの問題も解決!!

筋トレ/ダイエット

パパ~重たそうなダンベルだね

あーちゃんより重たいけど、軽くもできるよ

そ~なんだ!

でも勝手にダンベル買ってたから

ママ怒ってたよ

そ、そうなんだ(なぜバレたし)

てことで、今回は可変式ダンベルについて紹介しようと思います。

今回はこんな人におすすめ

  • 家トレを始めたい方
  • ダンベル購入に悩んでる方
  • 可変式の使用感

家トレでダンベルとベンチがあれば充分です。ぜひ、こちらもご覧ください。

これで充分!家で筋トレするためのおすすめの器具2選
こんにちわ、アイランドふみです今回は、家で筋トレするための必要な器具を紹介したいと思います家で筋トレするとき、自重トレから始めた方が物足りなくて何が必要か悩むかと思いますとりあえず、これがあれば全身を鍛える...
スポンサーリンク

可変式ダンベルとは?

可変式ダンベルとは、重りの部分が固定されているダンベル(固定式)と違い、一つのダンベルで様々な重さに変えれる画期的なダンベルとなっています。

大体、可変式ダンベルは、およそ2キロ間隔で重量幅を変えることができ、最大30~42kgまでが一般的となっています。固定式で、32kgまでダンベルを全て揃えると、お金とスペースが取られるため、そのデメリットを解決してくれるダンベルとなっています。

スポンサーリンク

可変式ダンベルの種類

可変式ダンベルには固定式アジャスタブル大きく二種類のタイプに別れ、それぞれメリットとデメリットがあります。

固定式メリット

  • カラーで固定してるため、プレートが落ちてくることはない
  • 細かい調整ができる
  • 基本的に安い
  • 故障がほぼない

固定式デメリット

  • 重さ変更に時間がかかる(細かい調整になるとかなりストレス)
  • 基本的にオン·ザ·ニー(膝のせ)ができない
  • プレートの置き場に困る

アジャスタブル式メリット

  • 重さ変更が早くて簡単(超重要)
  • 基本的にオン·ザ·ニー(膝のせ)ができる
  • 物によってスタイル
  • スペースが取られない

アジャスタブル式デメリット

  • 故障によって、プレートが落ちてくる可能性がある
  • 高い
  • 物によって、細かい調整ができない

それぞれ、メリットとデメリットがありましたが、場所を取られないように可変式を選ぶのですから、アジャスタブルを選択するのが正解だと思っています。

可変式ダンベル紹介

それでは、自分が購入した可変式ダンベルについて紹介しようと思います

フレックスベル

  • アジャスタブル式
  • 2~32kgを2kgずつ変更可能(max20kgのもあり)
  • 購入値段:64000円

今回紹介したダンベルで一番のオススメです!!非常にスタイリッシュで、重さ変更やダンベル置きに置くときもスマートにできます。

以前は商品は4kgずつしか変えれなかったのですが、企業努力で2kgずつ変更ができるようになり、私が購入する決め手となりました。

完璧な内容ですが、一つ難点を言えば、高いところだけです。が、その価値に見合った値段になっているのではないでしょうか?

【2kg刻みフレックスベル】可変式ダンベル買う前に見て!全てのデメリットをここに!

ボウフレックス

  • アジャスタブル式
  • 5~40kgを2~3kg単位で変更可能(max24kg)
  • 購入値段:33000円(類似商品のため安い)

ボウフレックスの可変式ダンベルは、max40kgまであり、家トレするには十分すぎる重さとなっています。

ただ、重さ変更が2~3kgとバラツキがあり、繊細に変更したい人に少し気になるかと思います。また、どんなに重量が変わってもダンベル自体の長さは変化しないため、ベンチプレス、ショルダープレス、インクラインアームカールの時にダンベルやベンチに当たったりして集中が切れる可能性があります。

私は、類似品を購入したのですが、すぐにプレートが落ちる故障が出始め、修復して使い続けたのですが、結局、修復不可能となり、フレックスベルを購入することになりました。

いろいろ書きましたが故障がなければ、使い続けていたと思います。

40kg可変ダンベルレビューとサイドレイズフォーム解説

アイアインダンベル

  • 固定式
  • 2~30kgを2.5kg単位で変更可能
  • 購入値段:15000円

アイアンダンベルは、固定式のダンベルで最大30kgですが、二つ購入すると思うので、片方に5kgプレート入れると42.5kgまで使えるようになります。

固定式なので、故障の心配はないですが、プレートは変更がかなり面倒です。

値段自体は、他のと比べてだいぶ安いので、どうしてもお金が出せない人はこれが選択肢になるかもしれません。

まとめ

フレックスベルボウフレックスイアンダンベル
使いやすさ×
値段×
安全性×

どのダンベルも一長一短ですが、お金に余裕があるのであれば、フレックスベル一択ではないでしょうか?ダンベルを買うお金がないのであれば、自重トレで追い込むという手もあります。おススメの自重トレがありますので、こちらもご覧ください。

ダンベル以外にも違う家トレがしたいという方はこちらもご覧ください。

家トレでダンベルとベンチ台以外にあった方が良い器具
こんにちわ、アイランドふみです今回は、ダンベルとベンチ台以外にあった方がいい器具について紹介したいと思いますダンベルとベンチ台についての紹介については、リンク貼っておきますので、気になる方は、ご覧ください...

それでは、今回はここで終わりたいと思います。

お疲れさまでした~

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました