筋トレマニアが選ぶ女性と初心者向けのおすすめダンベルを紹介【10キロ以下】

こんな人におすすめ
  • 筋トレを始めて重い物を持つのに自信が無い方
  • 筋力が少ない女性、初心者の方
  • 初めてダンベルを買う方

女性や筋トレを始めたばかりの方は、まだ筋肉が発達していないので、いきなり高重量のダンベルを選ぶのはハードルが高いですよね。しかも、どんなダンベルを買えばいいかわからないと思います。

今回は、そんな女性や初心者向けの重量少な目のオススメのダンベルについて、紹介します。

あーちゃん

パパ~、いきなり20キロなんて無理だよ

アイランドふみ

あーちゃんは筋トレ自体が早いよ

目次

1~2キロのダンベル

まず、軽い重量のダンベルですが、1~2キロのダンベルなら百円ショップに売ってありますので、そこで購入しましょう!!これくらいの重量ならすぐに扱えるようになりますし、メーカーのは高いので、100円で済ましておきましょう。

他には家にあるものでも代用できます。ペットボトルに水を入れれば、それで十分な負荷になるでしょう。1ℓまでなら手で持てますが、2ℓはさすがに持ちにくいので、カバンやリュックサック入れれば、持ち手があり、使いやすくなります。

あーちゃん

ペットボトルやかばんを使えば、
お金を使わず鍛えることができるね

アイランドふみ

ペットボトルなら水の量を調整すれば、
微調整がかなり効くからね

3キロ~10キロのダンベル

この重量からは、メーカーのダンベルを購入してほしいのですが、3~10キロのセットを買っていくと値段も場所を取るので、「可変式」のダンベルを購入しましょう。可変式とは、一つのダンベルで、重さを変えれる便利なダンベルとなっています。というこで、おすすめの可変式ダンベルはこちらです。

可変式については、こちらで詳しく説明してますのでご覧ください。

可変式の問題

ただ、可変式のダンベルは全ての重量を網羅してるわけではありません。1キロ飛ばしではない場合(3キロの次の重量が5キロ)はどう対処したらよいでしょうか?

一セットの重量を増やす

まず、トレーニングの一セットが10回を目安とし、次の重量を取り入れる目標として、一セット20回できるようにしましょう!!

トレーニング例
  1. 3キロのダンベルカールが一セット10回できるようになる
  2. ダンベルカールの一セットの回数を徐々に増やしていく(1セット10回の次は11回を目標にする)
  3. 一セット20回になれば、5キロのダンベルカールに挑戦する

こういう感じで、重量を増やすタイミングを決めていきましょう。

ウエイトアンクルを使用する

もうひとつの対処法として、ウエイトアンクルを使用します。500g~1キロのウエイトアンクルを使用して、可変式ダンベルにない重量を再現しましょう。但し、ウエイトアンクルは手首につけるので、重心がズレによる重さの感覚が変わるため、完全に再現できないので注意が必要です。

ダンベル以外にも…

ダンベル以外に代用できるのは、「チューブ」です。チューブも長さを変えたりすれば、負荷の調整が無限大になりますし、最近はいろんな負荷のチューブをセットで売ってありますので、チューブはおすすめです。トレーニングの幅も広がりますよ。

あーちゃん

チューブでトレーニングは楽しいね

アイランドふみ

チューブはダンベルと違って
重くないから安全だよ

また、軽いダンベルでは追い込みにくい場所がありますので、自重トレも活用してください。こちらがおすすめ!

あわせて読みたい
筋トレ初心者がやるべきオススメトレーニング(自重トレ編) 家で手軽に鍛えたい人ガチで鍛えてムキムキになりたくない人安全にケガをしたくない人 筋トレを始めたいけど、とりあえず自重トレ鍛えてたい人多いと思います。ただ、一...

おすすめのトレーニング方法

ダンベルを含めたトレーニング方法ですが、こちらにまとめていますので、参考にしてください

10キロは余裕で扱える?

10キロの重量は、意外にすぐに扱えるようになります。なぜなら、こどもを抱っこしたり、お店で買ったお米を担いだりと日ごろから10キロを扱っているのです。恐らく、物足りなさはすぐに訪れるでしょう。女性の場合、最高20キロのダンベルはあってもいいかもしれません。もし、挑戦してみようかなって思う方は、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
自宅のトレ必須!!おすすめ可変式ダンベル紹介!!これで重さの問題も解決!! 家トレを始めたい人ダンベル購入を検討されている方可変式ダンベルの使用感を知りたい方 ダンベルを購入されるときに値段や重さ、ダンベルを置くスペースなど悩まれるか...

女性や初心者の方には、2キロ~20キロの可変式ダンベルはこれがおすすめです。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

女性や初心者の方は、かなり自分を過小評価している部分があるので、もっと自信を持って、どんどん重い重量に挑戦していってほしいです。

とりあえず、自重トレでそれなりに鍛えた後に重いダンベルを購入するのもありかもしれません。

それでは、今回はここで終わりたいと思います。

お疲れさまでした~

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる