たった2つ!!ホームジムで全身を鍛えるための器具とは??

初心者が宅トレをを始めるとき、何の器具が必要かご存知ですか?

スポーツ店に行けば、様々な器具が置いてあり、どの器具も必要に感じます。

様々な器具を買おうとすれば、お金もかかりますし、部屋のスペースを取られて狭くなります。

しかし、実は宅トレはダンベルとインクラインベンチだけで充分体全体を鍛えられます。

今回は、なぜ宅トレでダンベルインクラインベンチだけで充分なのかを説明していきます。

こんな人にオススメ
  • 家でトレーニングを始めたい方
  • 家トレで何が必要かわからない方
  • 最低限の道具で筋トレを始めたい方
アイランドふみ

どれも便利そうだけど、ダンベルとインクラインベンチだけで充分だよ

あーちゃん

たった2つだけでいいの?

目次

ホームジムでオススメ器具①ダンベル

まず、負荷を掛けるための器具のダンベルです。

トレーニングの動作は基本的には関節を曲げるか伸ばすしか動作がありません。

関節の動作時に重り等を利用して筋肉に負荷を掛ければ、筋肉の発達に寄与することになります。

その時に重りとして利用するのがダンベルか自重(自分の体重)です。

自重でも鍛えることができますが、種目の少なさと負荷の数値化ができないため、私はダンベルを使ったトレーニングをオススメしてます。

負荷の数値化は、漸進性過負荷原則の観点からわかっていた方が良く、次のトレーニング時の負荷の目安になります。

漸進性過負荷の原則

ただ、いろんな重さのダンベルを購入するとなると、スペースの確保やコストが高くなるため、可変式ダンベルをオススメしています。

可変式ダンベル

可変式ダンベルの「フレックスベル」(下)と「ボウフレックス系」(上)

可変式ダンベルとは、一つのダンベルでいろいろ重さを変えれる優れものの商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

可変式ダンベルなら、重量の悩みやプレートの取り付けのストレスやダンベルの収納スペースに困ることがないでしょう。

あーちゃん

オススメの可変式ダンベルは何?

アイランドふみ

やっぱり、「フレックスベル」や「ダイヤル式」かな。今やパーソナルジムで使われる事も多いしね。

ホームジムでオススメ器具②インクラインベンチ

インクラインベンチ

次にインクラインベンチです。 ベンチとは平べったくて長い椅子 のことなんですが、インクラインベンチは背もたれ部がり曲げることができて、様々な角度を作ることができます。

このベンチがあれば、いろんな体勢でトレーニングができ、トレーニングの幅が広がります。

インクラインベンチは体の背面を鍛えたり、効果的に筋肉にアプローチするには角度をつける必要

詳しくはこちらをご覧ください。

あーちゃん

うつ伏せで鍛える事もあるの?

アイランドふみ

うつ伏せで角度をつければ、鍛えるのが難しい背中や肩後部を充分にトレーニングすることができるんだよ。

トレーニング例

先述した通り、ダンベルとインクラインベンチがあれば、体全体を鍛えることができます。

まず、初心者や女性に向けにダンベルを使った各部位のトレーニングをまとめた記事があります。

ぜひ、参考にしてみてください。

インクラインベンチを使ったトレーニングについてはこちらをご覧ください。

インクラインベンチを使った腕トレ
インクラインベンチを使った背中トレ
インクラインベンチを使った肩トレ

まとめ

宅トレで必要な器具のまとめ

何度も繰り返しますが、ダンベルとインクラインベンチがあれば、全身を満遍なく鍛えることができます。

特に初心者や女性の方で、とりあえず宅トレの導入として参考にしてもらえばと思います。

もし、それ以外にお金や場所に余裕があり、トレーニングの幅を広げたいという方はこちらをご覧ください。

それでは、今回はこれで終わりたいと思います。

お疲れさまでした〜

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次